ダイエット・ボディメイクに効果的な食事のポイント

ダイエット・ボディメイクに効果的な食事のポイント

意識すべき栄養素

メリハリのあるカラダ、引き締まったカラダ、美しいボディラインを作る上で運動も大切ですが、もっと大事なことは食事です。

食事をする上で意識するべき栄養素をご紹介します。

お弁当

三大栄養素

・炭水化物

以前のコラムでも書きましたが、炭水化物は身体を動かす時、脳を使う時のエネルギーとなるものです。

ですが、摂り過ぎてしまった炭水化物は、脂肪細胞に蓄えられ太る原因となります。

食材:米、麺類、パン、イモ類 等

・タンパク質

タンパク質は筋肉だけではなく、骨や臓器、髪の毛や爪まであらゆる体作りに使われている栄養素となります。

タンパク質は身体の機能を維持するためには欠かせない栄養素となっています。

食材:肉、魚、卵、豆類、乳製品

・脂質

脂質も炭水化物同様、エネルギー源として利用されるだけでなく、ホルモンや細胞膜、核膜を作ったり、皮下脂肪として臓器を守ったりと重要な役割を担っています。

ですが、摂り過ぎてしまうと脂肪を増やす原因となる為注意が必要です。

食材:調理油、肉の脂、アボカド、ナッツ類、オリーブオイル、

まずは三大栄養素を意識した食事を心がけるとバランスの良い食事内容になるかと思います!

慣れるまでは、この3つの栄養素を覚えておいて下さい!

食事を摂るタイミング

バランスの良い食事が意識出来るようになってきたら、次はタイミングを考えていきましょう!

ご自身のライフスタイルと照らし合わせてみていきましょう。

・朝食

朝は寝ている間に、身体の修復で使った栄養が空っぽの状態です。

吸収も良いため、ここではしっかり炭水化物、タンパク質を摂っていきたいです。

シリアルやフルーツだけではなく、プロテインドリンクや卵料理などタンパク質も一緒に摂ることを心がけます!

・昼食

お昼ご飯では和定食をオススメします!

ご飯、味噌汁、メイン、副菜と和定食はそれだけでバランスが取れた食事が可能だからです。

よく多く見受けられるのが、サンドイッチだけや、丼ぶりもの、ラーメン、そばと単品で終わらせてしまう方が多くいますが、

是非和定食を選んでみて下さい!

・夕飯

夜は就寝3~4時間前には食事を済ませる事をオススメします!

仕事終わりに運動習慣があるのであれば別ですが、大抵の方は後は寝るだけの場合が多いです。ここで摂り過ぎてしまったカロリーはもう消費出来る時間がありませんので、

夜は腹7~8分目を意識して食事を終わらせましょう。

 

・間食

上手に間食を入れる事が出来ると、ダイエットもスムーズにストレスなく続けられると思います!

昼から、夜ご飯までの間が6~8時間程度空く方は間食を上手に取り入れていきましょう!

間が空き過ぎると、過食の原因にもなりますので間食をしていきます。

間食と言っても、アイスやチョコレート、ケーキ等ではカロリーオーバーをしてしまうので選んでしなくてはいけません。

オススメの間食食材は:

ゆで卵、さけるチーズ、アーモンド、くるみ、カカオ80%以上のチョコ、枝豆

どれもコンビニで買えるので探してみて下さい!

食事のポイントまとめ

今回紹介した内容は、一例に過ぎません。

人それぞれ生活スタイルが違う中ですべての方が当てはまるとは限りませんので、取り入れやすようなものから選んで頂ければと思います。

またGサルースでは、このように人それぞれライフスタイルの違いに合わせた、食事のご提案も致しますのでどうしたらいいのかわからない、自分はなにから始めたらいい?など

お悩みございましたら、是非無料カウンセリングにお越しくださいませ。