【お腹シェイプ】ドローニングの効果と簡単トレーニング!

【お腹シェイプ】ドローニングの効果と簡単トレーニング!

ドローイングとは?

ドローイングはお腹を膨らませる、凹ませるを行う簡単なトレーニングになります。
胸式呼吸で胸を膨らませるのではなく、腹式呼吸を行いお腹を膨らませたり凹ませたりを行います。
ドローイングはアウターマッスル(腹直筋や外腹斜筋)を鍛えるのではなく、インナーマッスル(腹横筋)を鍛えます。
アウターマッスル(腹直筋)とは、お腹で例えると6つに割れたシックスパックに当たります。
インナーマッスル(腹横筋)とはお腹の奥の方に存在する背骨の安定化を図る筋肉になります。

腹横筋を鍛えるメリット

ドローイングは、腹横筋を鍛えるトレーニングと説明しました。
腹横筋は鍛えるのにコツがいる筋肉ですが、鍛えることでいくつかのメリットが存在します。
ここでは腹横筋を鍛えることのメリットを紹介します。

体幹が安定する

ドローイングを行い、腹横筋を鍛えることにより体幹を安定させることができます。
体幹とは両肩、両足の付け根の4点で結んだ部分=胴体部分になります。

体幹が安定することで身体の軸が、ぶれにくくなり
スポーツをしている方であれば、余分な動きがなくなる事でスムーズな動きを可能とします。
身体の軸が安定することで、自身の筋力を最大限に発揮することが可能となり、パフォーマンスの向上に繋がります!

腰痛の改善・予防

腰は上半身の重さを支えている為、身体の中で最も負担がかかる部位です。
腹筋や背筋等の筋力のバランスが崩れると姿勢が悪くなり、その状態のまま様々な動きを行う事で腰の筋肉が凝り固まったり、神経が圧迫されたりするため、腰痛に繋がることがあります。

腰痛でお悩みの方は、腹横筋を鍛える事で痛みの緩和や改善、予防が出来る場合があります。
腹横筋は腰椎(腰の背骨)の連結を強化して正しい位置を保ち腰椎を安定させてくれます。
腹横筋がうまく働かないと適切なタイミングで腹圧をかけることができず、腰椎が不安定な状態になってしまいます。
腰椎が不安定な状態で運動を繰り返すことで腰の関節や筋肉に過負荷がかかってしまいます。

腹横筋を鍛えて、腹圧のコントロールを適切に行えるようになることで、腰椎が安定した状態での運動が可能となり、腰への負担が軽減され腰痛の緩和や改善、予防に繋がります。

費用がかからない

ドローイングは場所を選ばず、簡単に取り組むことができます。トレーニング器具も必要ありません。
いつでも出来るのが、このドローイングになります。例えば、ご自宅や電車の中などでも実践できるので、ジム代やジトレーニング器具の費用も全くかかりません。

ドローイングの効果

ドローイングは簡単で尚且つ手軽に出来るトレーニングになっています。
ここでは、ドローイングによって得られる効果を解説します。

姿勢が良くなる

ドローイングをする事で腹横筋を鍛えることが可能になってきます。つまりドローイングをする事で骨盤が安定して体幹も強化されます。体幹がしっかりすると背筋も伸びるので巻き肩や猫背といった姿勢不良を改善できます。

姿勢が良くなることで、呼吸がしやすくなり、血行がよくなります。普段使われない筋肉が活動するため、姿勢の悪い時よりも代謝UPが見込めます!

代謝UPが狙える

ドローイングにより腹横筋を、鍛えれる事が可能であることを前項で紹介しました。
インナーマッスルに当たる部分なので目には分かりづらいのですが、トレーニングする事で筋肉量が増えます。
筋肉量が増えれば基礎代謝がupします。基礎代謝とは安静にしていても消費されるエネルギーです。
つまり基礎代謝が上がる事で太りにくい身体になります。

ぽっこりお腹を解消もそうですが、カッコいい身体を手に入れたい男性や美しいプロポーションを手に入れたい女性、またはダイエットををこれから始めようと検討している方は是非ドローイングや筋力トレーニングをする事をおすすめします!

ぽっころお腹を解消

食事も気にして体型を維持して体脂肪を増やさないようにしているのになぜか『ぽっこりお腹が原因でぽっちゃりにみえてしまっている』と悩んでいる女性や男性が多くいるように感じます。
それは腹横筋(インナーマッスル)が衰えているのが原因となっている場合が多いです。

前項で紹介してように腹横筋が弱いと姿勢が悪くなってしまいます。姿勢が悪くなるとお腹が出てるように見えます。
そのためドローイングを行い腹横筋を鍛え、姿勢を良くすることでぽっこりお腹を解消できます。

ドローイングのやり方

ここまででドローイングの重要性について理解できたと思います。
次にドローイングをどのように行えばいいのか紹介します。

初めは効いてるのか分からなくて難しく思うかもしれませんが、慣れれば簡単に出来るので応用して是非色々なところで実践してみましょう!

仰向け状態のエクササイズをご紹介しますので、

寝る前やトレーニングの前に是非取り入れてみて下さい。

ドローイングのやり方(仰向けバージョン)

・床にヨガマットなどを引く

・その上に仰向けに寝て膝を立てる

・腹式呼吸を数回行いウォーミングアップを済ませる

・息を完全に吐き切る。この時お腹を全力で凹ませる

・息を吐き切り、凹んだ状態を30秒キープする

・凹ませた状態で浅い腹式呼吸を繰り返す

・30秒経ったら息を吸いお腹を膨らませる

ドローイングまとめ

Gサルース長後店

今回はドローイングについてお話ししました。
ぽっこりお腹はそもそも脂肪がついている場合と姿勢が悪くお腹が出ているように見えてしまってる場合があります。
どちらのパターンでもドローイングは有効です!

器具も必要なく、ご自宅でも始められるエクササイズなので明日から取り組めるかと思います!
ドローイングをマスターして、痩せやすい身体を作りと姿勢改善に励みましょう!目指せ美ボディ!!